「第22回釜山国際映画祭」有村架純ら日本のスターも続々登場

2017年10月16日 00:17

12日「第22回釜山国際映画祭」が開幕し、レッドカーペットイベントにも日本のスターが続々登場しました。













*関連記事
第22回 釜山国際映画祭(2017)(コネスト)
有村架純が釜山国際映画祭でアジアスター賞を受賞、喜び語る(ナタリー)
第22回釜山国際映画祭、ラインナップ発表!全293本、うち日本製作映画は(CINEMATOPICS)


大泉洋、有村架純ら出演映画「アイアムアヒーロー」韓国で公開中、話題に!

2016年09月29日 01:06

Kstyleツイッターより。


<韓国では21日に公開され、3日で5万人の観客を動員、その後4日目に10万観客を突破した。日本ゾンビ映画というジャンルと青少年観覧不可等級のハンディキャップにもかかわらず成し遂げた結果で、その意味がより一層深い。>(Kstyle)


日本では今年4/23に公開され、観客動員数100万人を突破するヒット作だったんですね。
私はノーチェックでした(^^;)
でも、おもしろそうです。
こんな風に日本の作品が韓国でも上映され、話題になるのは嬉しいことですね。

*参考記事
世界のゾンビ映画史に残るであろう傑作。(シネマトゥデイ)

*YouTubeより。


(東宝MOVIEチャンネル)






有村架純主演映画「ビリギャル」韓国で9/21から公開他気になるニュース

2016年08月23日 01:14

Kstyleツイッターより。


「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」などを撮った「ビリギャル」の土井裕泰監督は韓国でも人気を博しているそうです。
学年最下位のギャルが一人の塾講師と出会い、1年で慶應大学に合格するという実話をもとにした映画は、韓国でも注目されそうですね。


*その他気になる記事
オダギリジョー&香椎由宇夫妻に男児誕生…韓国メディアもこぞって報道(Kstyle)

【独占】ヨン様夫妻、東京訪問から帰国する姿をキャッチ(THE FACT JAPAN)

L.Joe(TEENTOP)、9 月17 日公開映画『絶壁の上のトランペット』の完成披露舞台挨拶に登壇。桜庭ななみに「クレヨンしんちゃんに似ている」発言!?(KpopStarz)







リュ・ジュンヨル、大ファンである是枝裕和監督とシネトークに出演

2016年07月31日 01:43

Kstyleツイッターより。


若手の注目俳優リュ・ジュンヨルさんはC-JeS所属ですね。
なぜか心惹かれる俳優さんです。
是枝監督作品は韓国でも高い人気を誇っているとのことです。

cjes.tagramにも写真がアップされています。

C-JeSインスタグラム160729リュ・ジョンヨル
https://www.instagram.com/p/BIbxb7Fh-N6/?taken-by=cjes.tagram

cjes.tagram「まるで夢のような時間でした」
#リュジュンヨル#是枝裕和#監督#台風が過ぎ去って#シネトーク#願い成就#ソンドク認証#この日の_ビハインドが来週_公開されます#カミングスーン#期待してください#シージェスタグラム(翻訳機)

*関連記事
是枝裕和監督、韓国のニュース番組に出演…家族&日本&釜山映画祭について語る(Kstyle)



ジョン・ウー監督新作映画で福山雅治とハ・ジウォン共演他気になる記事

2016年06月21日 23:21

Kstyleツイッターより。


<1976年日本で映画化された小説「君よ憤怒の河を渉れ」を原作にした映画「追捕 MANHUNT」は、ジョン・ウー監督の手によって再び誕生する。約300億ウォン(約27億5000万円) の制作費が投じられ、約40年ぶりに中華圏でリメイクされる。>(上記記事より抜粋)

原作の「君よ憤怒の河を渉れ」は西村寿行の小説。佐藤純彌監督によって1976年に映画化されました。
高倉健、原田芳雄、中野良子他出演。
中国でも1979年に『追捕』として公開され大ヒットとなりました。

*関連記事
チャン・ハンユー&福山雅治W主演作、大阪で撮影開始(ぴあ映画生活)
福山雅治がジョン・ウー監督の超大作に主演する映画『追捕MANHUNT』(原題)、大阪でクランクイン!(AOLニュース)

*その他気になる記事
小栗旬、日本と韓国の違いとは?印象深い韓国映画について語る(Kstyle)
映画「お嬢さん」パク・チャヌク監督のR指定映画史上最高の観客動員数を記録(Kstyle)
2PM、5度目のアリーナツアーが大阪城ホールで涙の大団円…3年6ヶ月ぶりの東京ドーム公演の開催を発表!(Kstyle)





更新情報(新着順)