今夜(2/23)23時59分~「増山超能力師事務所」に超新星ユナクがゲスト出演

2017年02月23日 23:58

Kstyleツイッターより。


関連記事
超新星・ユナクが山下リオに片言のプロポーズ!?(Y!ニュース~ザテレビジョン)



超新星、日本でさらに輝く星(韓国記事)

2015年12月23日 01:29

興味深い記事でした。

【ヨン部長コラム】超新星、日本でさらに輝く星
[スポーツワールド] 2015-12-22 14:53

韓流の開始は日本だった。「ヨン様」と恋に落ちた日本人たちは韓国ドラマを見始め、自然に韓国文化に関心を持つようになった。

これを足場に歌手たちも挑戦を開始した。BoAは、ローカリゼーションに成功、まるで日本の歌手のように綺麗に受けた。韓国で1番のグループだった東方神起は、日本で底辺から再始動して、最終的に頂上に上がる底力を発揮した。

巨大な日本市場は韓国音楽産業の乳腺だった。雨後の竹の子のように誕生した韓国の男女アイドルグループは、猫も杓子も日本進出を宣言し、当時、円高の雰囲気まで手伝って韓国の事務所は、日本での現金をかき集めた。

これにより、零細だった韓国の事務所が、今では上場まで成功させるほど発展を遂げることができた。ところが今、このような韓国の事務所は、日本市場を無視している。

メディアに浮上した嫌韓の雰囲気に萎縮されたこともある。それより中国市場の成長の可能性に目を向けるようになったのだ。資本主義の波に乗って、まるで「お金に目がくらんだ」ように流れ込む怒涛の中国発投資金の誘惑に耐えられなかった。

「アイシテル」を叫んだ多くの韓流スターたちが、今では「ウォアイニー」をより多く口にしている。日本のファンは一度心を与えると、その心が長く変わらないという。SMAP、嵐のように数十年の間、ファンに変わらない愛を受けているアイドルグループが少なくない。

韓国グループもそのように愛されることができた。ところが、食卓を自ら蹴ってしまった面もある。多くの企画会社が日本と中国を置いて算盤を弾いているという事実をファンもよく知っている。何人かのファンは裏切られたと感じたこともある。東方神起やKARAのようにメンバーが離れた姿を見せたのがファンに大きな傷を与えたりした。

ところが、日本で変わらず輝いている星がある。まさにグループ超新星である。初めて日本でデビューしたときは、あまり注目されなかったが、安定した活動を介してトップクラスの歌手に飛躍した。業界の専門家は、超新星の日本国内の場所を東方神起、BIGBANG、JYJの次に挙げている。

現地の人気尺度である有料ファンクラブ数で把握した順位だ。SMやYGのような巨大企画会社所属でもなく、日本で巨大なプロモーションを展開したこともないのに、超新星がそのように頑強な場所を構築した理由を、他の韓国の事務所は分析しなければならない。

ところで、正解は簡単である。まさに「真正性」である。大スターになった今でも超新星は公演をすると、ファンといちいち手をとって目を合わせてくれる。このような超新星を置いて一部の人々は、「日本のグループ」としながら皮肉を言うこともある。ところが、超新星は、むしろ日本に韓国文化伝道師として出ているという事実を知っているか。

NHKで韓国語講座を進めて、日韓観光広報大使として積極的に活動した。先日、超新星は日本で「ファイナル」コンサートを終えた。メンバーたちの軍入隊を控えてしばらく別れの時間を持つようになるが、ファンは失望していなかった。まず、軍服務を終えたリーダーのユナクとすぐに除隊するソンジェがソロとユニットで活動することができ、残りのメンバーたちも堂々と国防の義務を終えてファンと変わらず一緒にすると信じているからである。

今後10年、20年以上超新星は日本で韓国を代表する歌手として愛されるだろう。日本国内の韓流の貴重な火種を消さないために超新星が大きな役割を果たしているという事実を、私たちは忘れてはならない。キム・ヨンホ芸能文化部部長

元記事は→コチラ
(翻訳機使用)



超新星、来年4人が入隊他気になる記事

2015年12月21日 00:08

日刊スポーツウェブサイトより。

超新星ユナク「2人で6人の席守る」来年4人が入隊
[2015年12月20日23時18分]

韓国の男性ダンスボーカルグループ「超新星」が20日、東京・有明コロシアムでツアー「THE FINAL」最終公演を行った。

(中略)

入隊予定の4人が思い思いにあいさつする中、入隊経験があるリーダーのユナクは「(現在入隊中の)ソンジェ君と2人で、6人の席を守っていきます。ちょっと寂しいけど、2人でまたみなさんに会いに来ます」と約束した。
(以下略)
記事全文は→コチラ

ソンジェくんの除隊は来年5月だそうです。
日本でずっと地道に頑張って来た彼ら。ファンとの絆は盤石ですね。


*その他気になる記事
ノ・ミヌ、ファンミ大阪公演1部が突然中止に(KpopStarz)
PSY「人気歌謡」2週連続で1位獲得…EXO&防弾少年団らとアンコールステージで大盛り上がり(Kstye)
「海街diary」是枝監督がキャスティングしたい韓国俳優は?(Kstye)
「秋の童話」の韓国俳優ウォンビンと女優イ・ナヨン夫婦に息子の出生(WoW!Korea)








超新星、メンバー4人が来年入隊、ソロ、ユニット活動も

2015年09月12日 01:54

Kstyleツイッターより。


<この日は三つの重大発表が。一つ目は、現在超新星はソンジェが兵役のため活動を休止しているが、来年グァンス・ソンモ・ジヒョク・ゴニルが兵役に就くのに伴い、12月に現5人体制では最後となる東名阪ツアーを実施するとの発表だ。>
<リーダーのユナクは「メンバーと話して、12月までぶっ飛ばして行こうと思っています。パフォーマンスももちろん素晴らしいものを見せたい。そして、決してこれが最後ではないので誤解しないでください。来年はソンジェくんも戻って来るし、超新星はずっと続くので、これからもよろしくお願いします」とファンを安心させるようにコメントした。>
(上記記事より抜粋)

超新星の新アルバム「7IRO」が9/8付オリコン・アルバムデイリーランキング初登場1位を記録。
9/10付現在も5位にとどまっています。
頑張ってますね。
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/d/2015-09-08/

韓国アイドルにとって兵役は一つの大きな節目になりますが、これまでの彼らの歩みをみていると、また6人揃った姿が日本で必ず見られると確信しています。

*関連ニュース
ソンモfrom超新星 新曲「still love you」、東海テレビ制作・フジテレビ系全国ネット昼ドラ「別れたら好きな人」主題歌決定!(KpopStarz)
<また、エンディングには超新星のラッパー3人(グァンス・ゴニル・ジヒョク)のユニット「Funky Galaxy」の楽曲が決定しております!! こちらもお楽しみに!>(上記記事より抜粋)

*YouTubeリンク
めざましテレビ 超新星 2015.9.11



 



ジェジュンと超新星ソンモの2ショット写真公開!(追記あり)

2015年08月05日 00:58

KpopStarz日本語版 ‎ツイッターより。


3日、ソンモは自身のインスタグラム(写真動画共有SNS)に「ジェジュン兄さん!暑いけれど頑張って。ありがとうございます!(うちのソンジェ兄さんも頑張れ!)」という文と共に1枚の写真を公開した。上記サイトより(一部抜粋)


ソンモくんツイッターより。



以前TVライフのインタビューで、「仲の良いアーティストは?」の問いに「 JYJのジェジュン」と答えています。
http://www.tvlife.jp/2015/06/12/38302

また「超新星ソンモ、JYJジェジュンと2人仲良く曲作り!」と言う記事もあがっていました。
http://okmusic.jp/#!/news/86342

誠実で優しそうなソンモくんです。
それにしてもジェジュンの交遊録、感心します。

*関連記事
超新星 ソンモ、ソロデビューミニアルバム「Tiramisu love」 オリコンデイリーチャート1位獲得(Kstyle)


*YouTubeリンク
ソンモ(超新星)のソロデビュー曲「Butterfly」 MV(Short ver.)


*追記
Y!ニュース(週刊女性PRIME)より。

ソンモfrom超新星「ティラミスには”私を元気づけて”という意味がある」
ソロデビューあの人への報告はまだ……

 日ごろから、作詞・作曲をしているソンモ。仲よしのJYJのジェジュンとは、一緒に作品を作ったことも。

「まだ、ジェジュンさんにソロデビューすることは言っていないんです、兵役中なので。実は、彼が入隊する1分前にメッセージが届いていたんですけど、仕事ですぐに返事ができなくて。デビューのことを伝えたら、きっと喜んでくれると思います」
(一部抜粋)









更新情報(新着順)