ジョンフンのカバーアルバム

2012年07月09日 01:49

少し前の話題になりますが。

5/23にリリースされたJohn-Hoon(ジョンフン)の「VOICE」。
日本の女性ボーカリストのラブソングをカバーしたアルバムなのですが、これがすごくいい!!

以前ジョンフンが歌った辛島美登里さんの「サイレント・イブ」を紹介したことがありましたが、彼の澄んだ歌声がピッタリはまってとても感動的でした。

徳永さんの女性ボーカリストのカバーとはまた違った、自然にすっと入ってくる感じが心地いいアルバムです。
K-POPもいいですが、J-POPのメロディラインの美しさと心に響く言葉に癒されます。

それにしても、ジョンフンの日本語の発音、みごとです。
良かったら、チェックしてみてください。

曲目リスト
ディスク:1
1. ORION
2. あの日にかえりたい
3. fragile
4. 月のしずく
5. いますぐに…
6. あなたに逢いたくて~Missing You~  
7. DEPARTURES
8. 会いたい
9. LOVE LOVE LOVE
10. ただ泣きたくなるの
ディスク:2
1. ORION ~Music Video~
2. ミュージックビデオ Making Film

*動画リンク
John-Hoon_ORION
John-Hoon_ あの日にかえりたい
John-Hoon 「会いたい」





行ってきました!ジョンフンVIPファンミーティング

2011年09月09日 21:00

昨日8日渋谷のさくらホールで行われたジョンフンのファンミに行ってきました。

これは、女性自身創刊2500号とモバイルサイト「K☆女性自身」のオープンを記念してのイベントでした。

モバイル会員応募者約4000名から選ばれた800名というラッキーな一人となったのですが、中身の濃い、本当に楽しいイベントでした。
東方神起(JYJ)のライブ以外のイベントに行くのは久しぶりで、小さなホールというのも新鮮でした。

後の人が、最近K-POPにはまっていて、2~3か月前から東方神起のファンになったと言っていましたが、2人になってからの東方神起ファンも着実に増えていることを実感し、感慨深いものがありました。

オープニングアクトがUFZSにというガールズグループで、4MinuteとAFTERSCHOOLの歌に合わせて口パクで踊っているのに、ちょっとポカンとしましたが、女性自身がプロデュースしたオリジナルダンスチームだそうです。
まだ若いかわいい女の子たちです。

で、そのあと司会の大神いずみさんとX-GUNの西尾さん登場。
X-GUNの西尾さんはお笑い界のK-POPマスター。

いよいよジョンフンの登場なのですが、やっぱり大きな歓声があがりました。
ま、じらされた感じがありましたからね。


ジョンフン出演のドラマやMCを務めるMnet新番組『JJ'S Mstudio」などの映像が映し出され、流暢な日本語でたくさんしゃべってくれました。


サプライズゲストは、映画「カフェ・ソウル」で共演した斉藤工さん。
この映画を撮り終わってすぐに入隊したということで、連絡を取れなかったというジョンフン。

今にも泣き出しそうなジョンフンに思わずもらい泣きしてしまいました。
会えなかった2年間の時間が一瞬にして埋まったみたいです。
国境を超えた友情っていいなあって思いました。

斉藤工さん、素敵な人です。

当時の思い出を交えてお互いの関係をたくさんしゃべってくれました。
韓国の撮影でたった一人の日本人、斉藤さん。
ジョンフンが韓国スタッフとの橋渡しの役目もしていたんですね。

大事な自分の想いを伝える時は、韓国語が主体になってくるんですが、ときおりぽっと日本語が入って、それがなんともかわいい。

次の占いコーナーでは、お馴染み島田秀平さんと、不思議なインパクトを持つゲッター飯田さんの二人の占い師が登場。

全体的には、もちろん良い占いだったんですが、エロ線が出てるとか、転びやすいとか、男の子が生まれたらハゲルとか…ジョンフンのリアクションがいちいちかわいくて、面白くて…

一つ一つの結果に、ジョンフンが過去を振り返ったりしながら話すのですが、こんなに時間をとっていいの?というくらい、正直に話す姿を見て、本当に誠実な人なんだと改めて思いました。
占いで純粋な、ピュアな人といっていましたが、ピッタリな形容詞です。

そういえば、リクエストに答えて理想の女性の絵をその場で書いたのですが、ショートカットでメガネをかけていて、赤い口紅でっていうヘタウマな感じの絵が、東方神起が以前、やっぱりファンミで書いたのを思い出して違う意味でも感動的?でした(笑)

クライマックスは、(事前に登録されていた生年月日などから)会場から占いで選ばれた理想の女性。

ジョンフン自ら客席まで下りていき、舞台までエスコート。
ジョンフンとの2ショット写真やハグまで、客席の悲鳴やざわめきは、言うまでもありません。

そしてキャップとTシャツの私物プレゼントでは、事前に記入した携帯番号をジョンフンが籤引きし、当たった人の携帯が鳴るという趣向。

客席みんなが携帯を取り出し、じっと待つ緊張感が、なんともいえません。
幸運な2人の女性が、ステージにあがり、プレゼントとハグと2ショット写真。

二人の方の緊張や喜びが伝わり、とても幸せな気持ちになりました。

そしてジョンフンは退場するんですが、これで終わるはずはありません。

客席の期待通り、再び登場し歌ってくれました。
喉の調子が悪いということで、2曲だけでしたが、素敵な歌声を聴くことができました。

歌った曲は、韓国語の「Nathing Better」と日本語曲「シリウス」

あらためて、ジョンフン、歌上手いです。
ジョンフンの声、大好きです。


グンちゃんファンの間では有名な‘女性自身のおじさん’こと田原さんが
「今日のジョンフンイベントは、ある意味、興業的素人の女性自身だったからこそできた内容だと思います。しかし、この3週間、ほぼ睡眠1時間で頑張りましたぁ。成功に涙しております」
とツイッていましたが、そうなのかもしれないなあと思いました。→コチラ

終了予定時間を大幅にオーバーして、スタッフさんはひやひやだったかもしれませんが、楽しくて、幸せな気持ちになったファンミでした。
料金も通常の韓流イベントの半分くらいでしたしね。



イベントのリアルタイムレポや写真、みんなの感想などK☆女性自身モバイルサイト(有料)に載っています。


*動画リンク
John-hoon/ 「Nothing Better」 2010.7.26voicemail Live
John-Hoon 「シリウス」MV









更新情報(新着順)