FC2ブログ



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェジュン、各スポーツ紙にイベント記事&4/1‘TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018’出演

2018年02月02日 10:20

今朝、宅配してもらっている日刊スポーツに昨日2/1に東京・後楽園のTOKYO DOME CITY HALLで行われたジェジュンのファンクラブイベント『“Bright Starts” in Japan 2018』の写真と記事が掲載されていました。

各スポーツ紙、ウェブメディアが一斉に報じています。

こんな感じ。

180202日刊スポーツ ジェジュン
(2018/02/02日刊スポーツ)

*関連記事(Y!ニュース)
ジェジュン、日本で本格再始動 8年ぶりで変わったことは「僕の歳ぐらい」【動画付き】(オリコン)
ジェジュン 日本再始動!32歳祝福ケーキに歓喜「泣きそう」(スポニチアネックス)
32歳・ジェジュン、9年ぶり日本で活動「少しふけた」(サンケイスポーツ)
「JYJ」ジェジュン 日本で再出発「少し年をとって老けた」(東スポWeb)
ジェジュン、日本で8年ぶり再始動「変わったのは僕の年くらい」(スポーツ報知)

新しいアルバムの制作をしていると話し、平昌オリンピックは日本で観戦することになると、しばらくの日本滞在を示唆していました。
今後の日本活動、期待が膨らみますね。

そしてイベントに参加した友人から、4/1に横浜アリーナで開かれる‘TOKYO GIRLS MUSIC FES 2018’のチラシの写メが送られてきました。ジェジュンが出演するんですね!

チケットの一般販売はすでにしていますが、JAEFANS会員向けの販売が今日2/2、12:00~始まります。
先着販売だそうです。
詳細はファンクラブサイトで→http://jaefans.com/

スポンサーサイト

ジェジュン、ツイッター&さらに公取委記事&ニュース動画

2013年07月25日 00:41

ジェジュン、ツイッターより。



本当にありがとうございます...(翻訳機)


こちらこそ、ありがとうって言いたいです。
あきらめないでずっと頑張ってくれて。
わたしたちに元気と勇気と感動を与えてくれて。


韓国記事より。

公取委是正命令、SM vs C-JeS'明確な立場の差'
[SBS統合オンラインニュースセンター イ·ジョンア記者]2013-07-24 18:45

公正取引委員会(理事公正取引委員会)がJYJ(キム·ジュンス、パク·ユチョン、キム·ジェジュン)の放送出演、歌手活動を妨害したという理由で(株)SMエンターテイメント(以下SM)と(社)韓国大衆文化芸術産業総連合(以下ムンサンヨン)について是正命令を下した。

以来、SMとJYJの所属事務所シージェスエンターテイメント(以下シージェス)側はすぐに立場を発表した。これに対してSM側は「SMは妨害行為をした事実がないにもかかわらず、今回の決定に残念である。従って、SMは今回の決定について、法律的な対応を検討している」と明らかに公正取引委員会是正命令に物足りなさを吐露した。

一方、シージェス側は「感謝する」という立場だ。シージェス、ペク·チャンジュ代表は「その中に公正取引委員会がSMを含むムンサンヨンなどの巨大文化産業主導者が、一方的で組織的にJYJの放送出演を妨害する証拠を確保するなど、3年以上に渡り、不公正行為の根絶のために透明な調査をしてくださった点に感謝を申し上げる」と述べた。

続いて、「"韓流"に象徴される韓国のエンターテイメント産業の発展は、参加者すべての創造性と多様性が尊重され、保証されていることが前提とならなければならない。そのため、これ以上の力を持つ何人かの少数のスーパー甲の専横に振り回されてはならないだろう。その点で、今日発表された是正措置命令を通じた公平な基礎の上で、韓流が発展たら、世界の中で、再び飛躍するきっかけになると思う」と伝えた。

JYJのメンバーたちも「公正取引委員会の決定に感謝する。2009年から始まった厳しい戦いと終わりのない砂漠を歩いているような感じだが、今日の発表で状況が少しずつ改善されているのが感じられ、大きな力を得た」と明らかにした。

続いて、「今回の公取委の是正命令を契機に大衆に公平な舞台で、また、公平性のある環境で芸能活動をすることを希望し、また、今後の後輩たちにもそのような道が開かれることを願う」と付け加えた。

東方神起でデビューしたキム·ジェジュン、パク·ユチョン、キム·ジュンスは2009年7月31日、SMを相手に専属契約に対する効果禁止仮処分申請を出した。その後SMも専属契約の効力の確認損害賠償請求訴訟を起こし、これに対抗してJYJも専属契約効力既存再確認訴訟を提起しながら訴訟を繰り広げてきた。
元記事はコチラ
(翻訳機使用)

JYJ "傲慢に警鐘" SM "法的対応"
YTN 2013-07-24 19:38

[アンカーコメント] 公正取引委員会の今回の措置について、JYJは巨大企画会社の横暴に警鐘を上げるきっかけになったと歓迎の意を表しました。SM側はすぐに法的対応に乗り出すと明らかにしました。キム·ソンヒ記者が報道します。

[レポート] JYJは一応今回の措置について、歓迎の意向を明らかにしました。JYJの所属事務所シージェスエンターテイメントは、SMエンターテイメントが優越的地位を乱用して不利益を強要するなど、公正取引法違反事実が明らかになったとし、 "スーパー甲"の横暴に警鐘を鳴らすきっかけになったと言いました。また、まだアルバムを出しても、地上波の音楽番組に出演することができない不利益を受けているが、今回の措置で公平な舞台を期待すると明らかにしました。

[インタビュー:ユン・ヨンム、シージェスエンターテイメント理事]
「今回の是正命令にSMエンターテイメントがビジネスの独占的優越的地位を利用してJYJを妨害した事実が確認され、今回のことをきっかけに、JYJが今後、公正かつ公平な舞台で活動することを希望します。」

一方SMエンターテイメントは、今回の決定を理解するのは難しい立場です。芸能活動を妨害した事実がないにも関わらずこのような措置が出て残念であると法的対応を検討していると言いました。

2004年東方神起でデビューしたJYJメンバー3人は不公正な契約などでSM側と数回法的攻防を繰り広げ、昨年11月の調整で合意がなされました。しかし、合意後も、ドラマを除いて、音楽番組には一度も出てこない状態です。したがって、今回の是正措置も不公正な行為に警鐘を鳴らした象徴的な意味に加え、どれだけ実効性があるか疑問を生み出しています。

[インタビュー:ぺ・グックナム、大衆文化評論家]
「優越的地位を持っている芸能企画社は強大な影響力を持っているので、放送局や芸能人を需要とする企業で大規模な企画会社の顔色をうかがうしかないので実効性に限界があります。」 このような懸念の中でも公正取引委員会の今回の措置が芸能界の根深い不公正な慣行を少しでも向上させることができるか注目されます。YTNキム·ソンヒです。
元記事はコチラ
(翻訳機使用)
記事中に動画あり。

*動画リンク
130724 JYJ YTN公正委、smムンサンヨンに是正命令KFTC Order
20130724 KBSニュース 公正取引委員会 "JYJの芸能活動妨害" SMに是正命令
JYJ活動妨害SMエンターテイメントに是正命令/ YTN
130724 JYJ M/B/Cスーパー甲sm JYJ妨害


JYJペルーでも大人気!

2012年01月27日 23:10

韓国記事より。

JYJ、ヨーロッパに続きペルーでもトップスター級人気享受して
[韓国日報]2012-01-27

JYJペルーで大人気120127(韓国日報)①

JYJ ペルーで大人気120127(韓国日報)②

JYJは、ペルーで空高いとは知らない(天井知らずの)人気を享受している。
去る1月22日、ペルーの主要放送社であるFrecuencia Latinaのニュース番組"Punto Fianl"でJYJについて集中報道した。
毎週日曜日、ペルーの政治、経済、エンターテイメントなどの問題を報道する"Punto Final"で"POP COREANO EN LIMA(韓国歌手がリマに)"というタイトルで、約10分間JYJの紹介はもちろん、JYJのペルーのコンサートのチケット販売についての驚きを伝えた。

アンカーは"JYJの影響力がますます大きくなっている。オンライン、オフラインを問わず、彼らの人気が殺到している"と声を伝え、ファンたちは"インターネット上でJYJを知ることになったが、会場で直接見られるなんてとても良い"、"24時間チケットを買おうと待っていた。夢のようだ"、"JYJをとても愛している。JYJのために大韓民国という国について関心を持って好きになった"など、情熱的な反応を見せた。

ペルーTVのJYJの報道は今回が初めてではない。昨年ペルーのコンサート1次分のチケットが完売した際にも有力ジャーナリストのエルコメルシオ(El comercio)など多数のメディアでJYJ南米コンサートのニュースを伝えただけに、南米でのJYJに対する関心は熱い。

JYJのマネジメントを受け持っているシージェスエンターテイメントは、"チケットが二日ぶりにまた、全席完売した。ペルーのコンサートの場合、チケットを買えなかったファンたちの座席の追加の要求が続いている。場合によっては1000席ほどの座席の追加も検討している"と明らかにした。

一方JYJは来る3月9日、11日、チリとペルーの南米ツアーを持ち、ジェジュン、ユチョン、ジュンス、各メンバーは、現在個人的な活動を準備している。
記事はコチラ


*動画リンク
先日もあげたような気がしますが(^^;)
とにかくすごいです。
[Reportaje] KPop en Peru-Punto Final(JYJ in Peru)


東方神起、新年のインタビュー①

2012年01月04日 21:56

SBSニュースサイトより引用します。

[特集パワーインタビュー①]東方神起、"肯定的な韓流を継続するには"
2012-01-02

デビュー8年自分を褒めてあげたかった瞬間も


熱い!この二人の男を見ていれば何でもできそうな気がする。一緒にいて、もっと輝く男、全世界の耳目を一身に集中させる人々はまさに東方神起だ。これで、デビュー8年目となった、ユンホ、チャンミン二人の男は、今年の一年も世界を号令する準備を終えた。

新年を迎えて、この熱い二人の男に会った。なんだか気持ちの良い一年になりそうな気がする。去る一年は東方神起にはさまざまな面で意味が格別だった。長年の心の苦労の末に東方神起という名前でまた舞台に上がることができた。彼らにもファンにも忘れられない一年になったことは明らかだ。

ユノ・ユンホ(以下ユン) "なぜ"のカムバック舞台が一番記憶に残る。久しぶりに皆さんに近付く舞台なので、さらに震えたし、多くのファンの方々が応援してくださって感動もたくさん受けた。多くのことを考えるようにした。その時感じた感動、心を最後まで放さないで、これからもアーティストとして、皆さんにもっと良い姿をお見せできるように努力しなければならないと念を押した。

チェガン・チャンミン(以下、チャン) "今年1月、東方神起として、また舞台に上がった時が一番記憶に残る。舞台に立ちたいという思いが強かった。相変わらず待ってくれるファンたちにもまた素敵な姿を見せてあげたかった。カムバック舞台を持つことができ、ファンの方々と再度呼吸することができて幸せだった。"

東方神起は昨年、デビュー8周年を迎えた。ある瞬間、以前の仕事が浮上するときは自分で褒めたいと思うほど、本当によく耐えたと思われる部分もあるだろうし、本当に変わったと感じられる部分もあるだろう。

ユン "私の口で言うのは、あいまいだが、以前よりはもう少し立派になったようでもある(笑)そして、8周年になったという話を聞いた時、すでに8年が過ぎたのか?という気がした。
デビュー以来、非常に忙しく過ごしたために8年が過ぎた。すべてのものが今の東方神起を作ってくれたようだったし、感慨が新しかった。

チャン "変わるということがある場合は、外見.....(笑)年齢を一歳一歳とって、ますます成熟した(?)外見を見るとき時間が流れたと感じている。そして、時間が経つにつれて、仕事に対する姿勢も変わるようだ。もっとプロ意識を持って仕事に取り組むとするのか?また、時間が経つほど仕事に対する欲ももっと大きくなるようだ。"


新人を見る時も格別な気がするようだ。特に今年は、SMエンターテイメントは新人グループEXO - K、EXO - Mを出撃させる。

ユン "先日公開されたティーザー映像も見たし、実際、その友人たちが練習する姿も見てきた。先輩としてアドバイスをしたりもしたし。新人グループを見ると、以前の練習生時代を思い出すこともある。
あまりにも上手にして頑張っている人たちだから、上手になると信じて、その姿を変わらずに良い姿をずっと見せてくれるものと期待している。

チャン "今度出てくる新人の友人たちだけではなく、数年前にSHINeeが初めてデビューする時もそうだったが、同じ会社の先輩歌手以上に本気で応援することになる。多くの愛を受けたら良いだろう。従って彼らの後に出てくる後輩歌手たちに助けを与えることができる頼もしい先輩、もう一つのSMの先輩歌手になるように願う。"


ところが、この時点で、東方神起はすでにデビュー8周年が経ったという事実に驚きを表わすことがあるかもしれない。その理由は、デビューの頃と比べても全く変わっていない外貌と、がっちりした体のためでもある。
たぶん一歳年をとっただけなのに、変に老けて見えるような感じで苦しい人は、東方神起の管理の秘訣が、とても気になるかもしれない。

ユン "特別な健康管理法があるというよりは、休むことができるとき休む方だ。よく食べて楽しく生きることが重要である。
ストレスを受けると憂鬱になって疲れることがあって心構えが重要だと思う。

チャン "秘訣や管理法を言える立場ではないようだ。ただ、普段、水を多く摂取しようと努力する。そして、たくさん笑おうと努力するほうだ"


東方神起は韓流の先頭走者だ。韓流の先頭走者として、海外で初めての活動を始めた頃と現在とは、体感温度に明確な違いがある。
当事者として現場では違うと感じられる部分がある場合は、どの部分なのか。

ユン"最近K - POPブームが巻き起こっているうえ、アーティストの方々がそれぞれの色をよく集めてくれているようで気分が良い。みんな国民の代表という気持ちでさらに熱心にしているそうだ。来年はこのような活動や努力が大きな成果を得る時期になるのではと慎重に予想している。

これからもっと一生懸命にする。私たちのような場合、日本に初めて進出した時、新人の気持ちで一つ一つすべて新たに開始したが、最近はK - POPブームがあって、より身近に近付くことができるという点が変わった部分だと思う。
このような肯定的な変化を続けていくには、その国の文化を理解し、より真実に近付こうと努力しなければならないようだ。

チャン "明らかに、より多くの人々に注目され、関心を持たれているようだ。それほど関心を持っている方々に、より高いクオリティの音楽とコンテンツを提供する必要がある。
その方たちの期待を満たしていくには、多くの愛を受けるすべての方々が、すべてのようにもっと努力するべきではないかと考えるため、私ももっと熱心にする。
前にも述べたようにK - POPが以前よりも多くの関心と愛を受けていると感じる。"


現在、先輩のBoAが、SBS"日曜日が良い、Kポップスター"の審査委員として活躍している。
東方神起も格別な実戦感覚でシャープな審査評を出すようだ。もし審査員なら、後輩を選ぶときは、ある点を最も重点的に見るように気にする。

このようにすてきな審査員では、応募者が震えてオーディションをまともに見られないかもしれませんが。

ユン "BoA先輩が出てくる"Kポップスター"をよく見ている。もし私が審査員なら、可能性と個性を大切に見るようだ。実力も重要だが、熱心にすれば発展することができ、改善することがあると思うからだ。可能性と個性があれば、あとは自分の役割で努力次第だと思う。

チャン "さまざまな部分を複合的に見なければならないだろうが、実力、スター性、誠実さを重点的に見るようだ" (2編に続く)
(SBS統合されたオンライン・ニュース・センター=イ・ジョンア記者)
記事はコチラ(翻訳機+意訳)



SBS朝のニュースでユチョンのツイッター「名画」紹介

2011年08月15日 21:32

SBS朝のニュースで、ユチョンのツイッターで話題の名画合成写真のニュースが伝えられたようです。

ニュースはほかに、チェ・ミンス落馬事故、ハン・イエスル、ドラマ撮影欠席、"女の香り"のキム・ソナがスタッフに贈り物、歌手イム・ジェボムがTOEICを受験したという噂、"キムヨナのキスアンドクライ"優勝者など。

SBSのHPで動画を公開しています→コチラ
ユチョンの話題は3分30秒過ぎから。
 
ユチョン部分を抜粋(翻訳)
グループJYJのパク・ユチョンさんが面白い合成写真を公開してファンたちの爆発的な関心を受けています。
去る13日、ユチョンさん、自分のTwitterに3枚の写真を上げたんです。"夢"という記事と一緒にレオナルド・ダヴィンチの"モナリザ"の写真を、"ああっ"という文にはムンクの"叫び"を、"寒い"という記事と一緒に南極のエスキモーの写真に自分の顔を合成した姿ですね、絵の雰囲気に合わせて個性があって、様々な表情を披露して、笑いを与えています。本当にリアルな合成写真ですよね。ユチョンさんを介して名画が再誕生されたようです。

YouTubeにも。
JYJ Yuchun revealing funny photos




更新情報(新着順)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。